« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

風の丘

45sezugen

46tsurara

年の暮れの風の丘です。
どこを見ても雪原が続いています。
軒下にはつららが出来て、厳しい寒さを物語っています。
雪国らしいお正月を迎えることになりそうです。
滞りがちなブログですが、ご訪問いただきありがとうございました。
良い年をお迎えください…♪

2014年12月27日 (土)

せわしい仕草

42kamo

43kamo

44kamo

白鳥が飛来する河川にはたくさんのカモたちもいました。
ほとんどは尾羽の長いオナガガモですが、それに交じって、お腹が
白いキンクロハジロや額だけが白いオオバンも泳ぎ回っていました。
キンクロやオオバンはせわしく潜水を繰り返し、それらを見ていると
時が経つのも忘れてしまいそうでした。(*オオバンはクイナの仲間)
次には緑の頭をしたマガモに出合えたらいいナ…と思いました。

2014年12月21日 (日)

かわいいねじれ模様

39versicolor

40versicolor

41versicolor

かわいい笑顔を振りまくようになったパーシーカラーという花です。
寒くなったので窓辺に連れてきたら、つぼみがつき始めました。
白地に赤いねじれ模様が入った、とても印象的なつぼみです。 
朝日を受けると微笑み出し、夕方になると閉じてしまいます。
開いたときは白い花ですが、花びらの裏には赤い縁どりが見えて
すてきなパラソルのようです。

2014年12月17日 (水)

雪の華

37mayumi

38nanten

風の丘も、20cmを超す大雪となりました。
雪に見舞われて、打ち震えている赤い実たちです。
上は種が抜け落ちて果皮だけになったマユミの実です。
そして、下は雪の重みで首を斜めにした南天の実です。
今まで目にもとまらなかったのですが、白い雪に包まれていっそう
鮮やかに見えてきたようです。

2014年12月14日 (日)

北からの使者

35swan

36swan

白鳥が飛来する近くの河川に行ってきました。
たくさんのカモたちを従え、優雅な姿を浮かべていました。
幼児連れの家族が餌を放ると、いっせいに寄ってきました。
その中には、灰色の羽のままの幼鳥もいました。
雛から数か月というのに、遠い国からはるばる飛んできた…と思うと
胸が熱くなってくるようでした。
大きく育って、北の故郷へ元気で戻ってほしいと思いました。

2014年12月11日 (木)

優美な姿

33tsurikagari

34tsurikagari

友だちと連れ立って、「世界の椿館」へ行ってきました。
ここには550種あるそうですが、70種ほどの早咲きの椿が出迎えて
くれました。
その中で一番印象に残ったのが、この釣篝(つりかがり)という椿です。
紅地に白い絞りが入った八重咲きの中輪で、華麗で優美な姿には
心が奪われてしまいました。
すてきな着物をまとった女性というイメージが漂っていました。

2014年12月 7日 (日)

ぬばたま

31nubatama

32nubatama

ここ数日の寒波で、今まで笑顔を振りまいていた小菊たちもすっかり
元気をなくしてしまいました。
そんな殺風景な庭先で、冬枯れた茎の先に黒い実をつけて、揺れて
いるものが目にとまるようになりました。
顔を寄せてみると、まるで黒い宝石のように光り輝いています。
夏のころ、オレンジ色の華麗な花を咲かせていたヒオウギの実です。
この黒い実はヌバタマとも呼ばれ、古来より黒や暗いなどにかかる
枕詞として使われてきたそうです。

2014年12月 4日 (木)

まだ元気…

29kogiku

30kogiku

雪の便りがすぐ近くまでやってきました。
冬枯れた庭で、寒さに耐えて元気な姿を見せている小菊です。
厳しい冬を前にして、このように輝く姿を目にすると、背中をいっぱい
押してもらえるような気がしました。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »