« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

和む花

49sazanka

50sazanka

ウチの庭で咲いている山茶花です。
今年は花つきがよく、野鳥にいたずらもされず、見ては心を和ませています。
花は小ぶりですが、濃いめの彩りにはたいへん魅せられています。
雪の便りが聞かれるようになりましたが、寒さに負けず咲き続けてほしいと
願っています。

2015年11月26日 (木)

広がる夢

47kikyu

48kikyu

風の丘からあまり遠くないところで、熱気球の大会がありました。
会場まではいけませんでしたが、大空を飛行する気球を見ることができました。
カラフルな気球を見ていると、子どものようにワクワクした気分になりました。
一度気球に乗って、大空から風の丘を見下ろしてみたいナ…、と思いました。

2015年11月18日 (水)

虹色の花

45kogiku

46kogiku

冬枯れて淋しくなった庭で、今盛りとばかりに競演しているのは小菊たちです。
その中で虹のような輝きを見せているのが、この花です。
花びら(舌状花)が、白からピンク、ピンクからオレンジ、そして赤へと変化する
美しさには心惹かれるものがあります。
この笑顔に接すると、一日が幸せに過ごせるような気分になってくるのです。

2015年11月15日 (日)

小さな花

43isogiku

44isogiku

豆粒のような花が、顔を寄せ合うようにして咲いています。
舌状花は退化して、黄色い筒状花だけになったイソギクです。
白い縁どりがある葉っぱを背にして、まぶしいばかりの輝きを放っています。
カメラを向けていたらハナアブがやってきて、蜜を吸うのに夢中になりました。
間もなくやって来る冬に備えて「いっぱい蓄えて…」とエールを送りたくなりました。

2015年11月12日 (木)

紅白の美しさ

41versicolor

42versicolor

花びらの縁が赤く彩られた可憐な花が咲きだしました。
陽が当たると、ねじれ飴を思わせるようなつぼみを次第に広げます。
赤と白のコントラストの美しさには、しばし見とれてしまいます。
開いた花を上から覗くと、赤い縁どりは隠れてしまい、ただの白い花に
なってしまうのがちょっと残念です。
例年は暮れの頃に咲いていましたが、今年は早々と微笑んでくれた
バーシーカラーです。

2015年11月 9日 (月)

赤い宝石

39mayumi

40mayumi

緑色の実がピンク色になって、その状態がしばらく続いていました。
冷たい風が吹くようになった頃から、真っ赤な実が覗くようになりました。
ピンクに赤い実は、周りの緑に映えてとてもきれいに映ります。
野鳥の目にもとまるようになり、朝からにぎやかな鳴き声に包まれています。
初夏の頃、小さな白い花を揺らしていたマユミの果実です。

2015年11月 2日 (月)

青紫色の花

37kongiku

38kongiku

風が冷たく感じられるようになりましたが、ますます元気な姿を見せている
コンギク(紺菊)の花です。
野に咲くノコンギクの改良種なそうですが、濃い青紫色がとても印象的です。
真ん中の黄色い筒状花が、この青紫色をいっそう引きたてているようです。
赤や黄色の小菊たちと競演していますが、ぜんぜん見劣りはしないように
思われます。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »