« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月29日 (金)

見える希望

81yabutsubaki

82yabutsubaki

風の丘は白い世界が広がり、厳しい寒さが続いています。
心も凍りつきそうで、やりきれない気持ちになります。
どこを見ても、踏み出そうとする明るいことが見つかりません。
ふと思いついて、「世界の椿館」の花フォルダーを開いてみました。
その中に、元気がいっぱいもらえそうな椿の花がありました。
真っ赤な花びらに黄色いシベが映えるヤブツバキです。
見慣れた椿ですが、凛として咲く花姿には希望が見えてくる感じが
しました。

2016年1月22日 (金)

春を待つ

79mitsumata

80mitsumata

花のようにも見えますが、花びららしいものがありません。
近づいてみると、たくさんのつぼみが寄り集まっているだけでした。
つぼみのついた枝が三つ又になっているので、ミツマタと名づけられたそうです。
見た通りの名前で、ちょっと風情がないかナ…、とも思われました。
暖かい春を待っていたことでしょうが、このところの寒さにたいへん驚いているようです。
黄色に染まったミツマタが、誇らしげに咲くのを早く見たい今日この頃です。

2016年1月17日 (日)

空の色

77ohinunofuguri

78ohinunofuguri

南向きの斜面に、空の色を映したような花を見つけました。
暖かい陽ざしに包まれて、明るい笑顔を振りまいていました。
春に出合えたようで、心が軽くはずんでくるようでした。
名前はちょっと気の毒な感じもしますが、オオイヌノフグリという野草です。
大雪注意報が出ましたが、この花の周りは降らないでほしいです。

2016年1月14日 (木)

凛と咲く花

75koubai

76koubai

買い物帰りに、梅林の脇を通ってみました。
そうしたら、なんと紅梅がほころび初めていたのです。
寒さが最も厳しい季節に咲き出すとは、とても信じられないことでした。
凛と咲き誇る姿を見て、寒いなどと弱音を吐いてはいられないと思いました。
ピンクに染まった紅梅は青空に映え、色鮮やかでとてもきれいに映りました。

2016年1月10日 (日)

窓辺の花

73malacoides

74fukitanpopo

窓辺の柔らかい陽ざしの中で、優しく微笑みだした花たちです。
ハート形の花びらを広げているのはマラコイデスの花です。
可憐な桜花を思わせる姿には、春への期待がふくらんできます。
細い花びらをたくさんつけているのは、フキタンポポという花です。
黄金色に輝く花を見ると、閉ざされた冬から解き放たれた思いに
なります。

2016年1月 6日 (水)

憧れの花

71hyacinth

72hyacinth

水栽培してきたヒヤシンスが数日前からほころび始めました。
この踊るような花姿には、心がウキウキしてきます。
顔を寄せると、甘くさわやかな香りに包まれました。
12月の初めのころ、店先のかごの中に残っていたのが、この
色の球根1個でした。
季節の巡りが遅い北国ではいち早く春を告げてくれる花に強く
憧れるのです。

2016年1月 3日 (日)

春待ち花

69boke

70boke

雪の舞う日が続いていますが、春を心待ちにしている花があります。
ふくらみを増し、彩りを濃くしている木瓜(ボケ)のつぼみです。
今は厳しい寒さに耐えているようですが、花開く日を夢見ていることでしょう。
一日も早く暖かい日が来るようように…と、祈らないではいられません。
この花のように、未来に希望をつなぎながら、明るく歩んでいきたいと思い
ました。

2016年1月 1日 (金)

新しい年

67

68tsubaki

明けましておめでとうございます。
今年も良いことがいっぱいありますようお祈りします。
拙いブログですが、これからもよろしくお願いいたします。
 *「世界の椿館」で出合った「昭和錦」という椿です。
   白地に赤の絞りが入っていて、とてもすてきに見えました。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »