« 空の色 | トップページ | 見える希望 »

2016年1月22日 (金)

春を待つ

79mitsumata

80mitsumata

花のようにも見えますが、花びららしいものがありません。
近づいてみると、たくさんのつぼみが寄り集まっているだけでした。
つぼみのついた枝が三つ又になっているので、ミツマタと名づけられたそうです。
見た通りの名前で、ちょっと風情がないかナ…、とも思われました。
暖かい春を待っていたことでしょうが、このところの寒さにたいへん驚いているようです。
黄色に染まったミツマタが、誇らしげに咲くのを早く見たい今日この頃です。

« 空の色 | トップページ | 見える希望 »

」カテゴリの記事

コメント

風恋さん☆こんにちは~☆

ミツマタの蕾ってこのように産毛のような
毛でおおわれていたのですね?
思い出しましたけれどモクレンの蕾も今
このように毛でおおわれています。
植物ってすごいですね。来るべく春にそなえて
身を守るすべを知っているのですね。
これは、野生のミツマタなのですか?
まだ、見たことないのですよ(*^-^*)cloudsun

こんばんは

三つ叉の蕾ってこんなになってたんですね。
咲いているところは何度も見ていますが、蕾をじっくり見たことはありませんでした。
昨日、今日の寒さに春まだ遠しと感じますが、こうして春に備えている姿をみると植物って強いですね。

ミツマタのつぼみなんですね...
花とイメージが違います。
春を待つ姿はけなげにも感じます。

☆彡 風恋さんへ ☆彡
和紙の原料でもあるミツマタ。
我が家付近ではなかなか見ることが出来ないです。
茨城県植物園や鎌倉の紫陽花寺明月院で見ました。
枝がきっちりと三つに分かれているのが面白いですね。

風恋さん、こんにちは~

毎日寒い日が続いて私も冬の寒さは苦手で,北国に生まれて育っていれば
少しは違うんでしょうが、生まれが東京北区で途中から埼玉に越して
寒さはそう変わらなくて、風恋さんの方に比べたら寒いなんて言えないですけど

ミツマタのお花は、知ってるんですけどミツマタの蕾はこのような蕾なんですねbud
蕾のついた枝が三又になっているからそこから名づけられたんですか。
暖かい春を待ち三又の黄色いお花が開花するのが待ちどうしいですね(≧∇≦)

こんにちは。

みつまたの蕾ですか。黄色い花しか見たことがありませんでした。

春が待ち遠しいですね。

☆ オレンジ(-^*)/♪さんへ♪
 モクレンも白い産毛に包まれていますね。
 早春に咲く花たちは、寒さ対策が万全の
 ようです。
 しばらく前に知人からいただいたもので、
 たぶん園芸種だと思われます。

☆ jun さんへ♪
 ミツマタのつぼみはハチの巣みたいです。
 やって来る春に備えて、早春の花たちは
 しっかり防寒をしているようですね…
 黄色く咲く花を早く見たいです…(^O^)/

☆ macky16 さんへ♪
 あの黄色い花が寄り集まって咲くイメージ
 からは、ちょっとかけ離れて見えますね…
 防寒着をまとって待つ姿はほんと健気に
 映りますね。

☆ 異邦人 さんへ♪
 ミツマタは和紙の原料なそうですね…
 最近は山では見ることができなくなった
 植物のようです。
 ウチのも知人からいただいたものです。
 枝が三又になっているのが特徴ですね。

☆ mikko さんへ♪
 今朝も雪が積もり、仕事先へ車で行くのが
 とても怖かったです。
 ミツマタは黄色い花ですが、温かい綿毛に
 包まれたつぼみのままです。
 咲いてくれるのが待ち遠しいです。

☆ さちこ さんへ♪
 黄色い花が咲き誇っているときはミツマタと
 すぐ分かりますが、このつぼみの状態では
 何の花かと思ってしまいますね…
 一日も早い開花が待たれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空の色 | トップページ | 見える希望 »