« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

春を彩る

09ichige

10ichige

キクザキイチゲが咲いています。
空の色を映したような爽やかな色合いがとても印象的です。
陽の光を浴びて花びらを広げ、陰ってくると閉じてしまいます。
小さな風にも身を震わせる姿は可憐で、たいへん愛しくなります。
風の丘にもようやく春が訪れたようです。

2016年3月21日 (月)

深紅の椿

07wabisuke

08wabisuke

黒花侘助という椿です。
目にするだけで、心がはずんでくるような鮮やかさな色です。
数年前、お茶の先生からいただいた1枝を挿し木にしたものです。
初秋のころ、花芽が5、6個ついたのに気づき、期待が大きく膨らみました。
寒さが厳しい冬の間は、鉢ごと室内に取り込んで大事にしてきました。
それが、このところの暖かさに促されて咲いてくれたのです。

2016年3月16日 (水)

春を称える

05yukinoshita

06yukinoshita

じ~っと厳しい寒さに耐えてきたヒマラヤユキノシタが、春の訪れを待ちかねた
ようにして笑顔をふりまくようになりました。
ピンクに染まった花はかわいい女の子のようでもあり、口をそろえて春を称える
歌でも歌っているようにも思われます。
この清々しい花景色を目にすると、頬が自然にゆるんできます。
冷たい風には負けてしまいそうに見えますが、いたって丈夫で元気な花です。

2016年3月11日 (金)

愛しい花

 03scilla_siberica

04scilla_siberica

クロッカスの脇で咲き出したシラーシベリカという花です。
2cmにも満たない小さな花ですが、鮮やかな青い彩りには心がはずみます。
黄色が多い春の花の中で、青い花はとりわけ目を惹きます。
5、6年ほど前から育てていますが、季節を忘れずに咲いてくれる愛しい花です。
ユリ科の花ですが、大事に育てていきたいと思っています。

2016年3月 6日 (日)

春の笑顔

01crocus

02crocus

春を待ちかねていたようにして、早春を彩る草花が咲き出しました。
陽光を浴び、咲いた喜びを隠しきれないクロッカスの花たちです。
白花のクロッカスは白いドレスをまとった花嫁姿を思わせます。
シベのオレンジ色がアクセントとなり、いっそう印象深い花にしているようです。
紫の縞模様のクロッカスは優雅で古典的な美しさを醸し出しています。
紫の小花・シラーシペリカやミニ水仙のテータテータも間もなく微笑もうとしています。

2016年3月 2日 (水)

優しいさえずり

98yachou

庭先へ出たとき、聞き慣れない野鳥のさえずりが聞こえてきました。
あのヒヨドリのかん高い声とは違って、優しくきれいな鳴き声です。
鳴き声(チョピーチルルチー)のする方を見ると、門柱の上の電線にいました。
急いでカメラを持ち出してシャッターを押しました。
すぐ逃げられるのではと心配しましたが、行儀よくしてくれたので助かりました。
黄色い胸や大きなくちばしが目にとまりましたが、調べてみたらアオジらしいと
いうことが分かりました。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »