« 一日花 | トップページ | 優雅な彩り »

2016年8月 3日 (水)

女郎花

59ominaishi

60ominaishi

黄色い小花がたくさん寄り集まって咲いています。
秋の七草のひとつ、オミナエシ(女郎花)です。
「おみな」は「美しい女性」の意味、「えし」は古語の「へし(圧)」で、
美女を圧倒する美しさがあるということから名づけられたようです。
漢字で「女郎花」と書くようになったのは、平安時代の半ば頃から
なそうです。
「萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」
                 秋の七草、万葉集 山上憶良

« 一日花 | トップページ | 優雅な彩り »

」カテゴリの記事

コメント

☆彡 風恋さんへ ☆彡
女郎花と聞くとやっぱり秋を連想しますが、
「おみな」は「美しい女性」の意味、「えし」は古語の「へし(圧)」という
そんな謂れがあったんですか。知りませんでした。
その昔から、よく日本では詩に歌われていますね。

風恋さん☀こんにちはぁ~☀

え~もう秋の七草の女郎花が咲いて
いるのですか~?早いですね~。
って言いたいのですけれど、こちらでも
見かけるようになりましたよ(笑)
ほんとに、まだ立秋にもならないのにって
思いますけれど、明日ですか、立秋?
そう考えると秋が始まっていてもおかしく
ないのかもしれませんねぇ?
ほんとに、鮮やかな黄色で元気カラーなん
ですけれど、繊細で優しさがいっぱい感じられ
ところは流石なようにおもいます(*'▽')🎶★★sun

確かに美しいですね
これは女性も圧倒されるわけです
名前の由来、勉強になりました...

女郎花を見ると、夏の暑さの中でも、秋を感じさせるものですね!
花色は、本当輝いて金色の様です。

おはようございます。

今日は立秋ですけれど、暑いです。
秋の七草ですね。

おみなえし
すすき
ききょう
なでしこ
ふじばかま
くず
はぎ

お好きな服は
 ですね。

☆ 異邦人 さんへ♪
 このオミナエシやキキョウを目にすると
 陽射しは強くても急に秋を感じるように
 なりますね。
 昔から人々に愛され、詩歌にもたくさん
 詠まれているようですね…

☆ オレンジ(-^*)/♪さんへ♪
 オミナエシの花…、オレンジさんとこで見せて
 いただいていましたね…
 こちらでも、秋の七草が咲きそろったようです。
 暑さ盛りのころですが、もう立秋ですものね…
 ちょっと青かぶりしたことが残念です…(>_<)

☆ macky16 さんへ♪
 繊細な美しさはありますが、美しい女性という
 イメージからはちょっと遠いような気も…(笑)
 昔の人びとは優雅な名前をつけましたね…

☆ 凪々さんへ♪
 秋の花々は暑い夏のうちにスタンバイして
 いるんですね~
 実際はもっとやまぶき色をしていてきれい
 なんですが…(>_<)

☆ さちこ さんへ♪
 今日は立秋ですが、連日の暑さには心も
 身体も折れてしまいそうです…(>_<)
 七草の覚え方を、前にも教えてもらったの
 ですが、とっさに出てこないでいます(笑)
 「お好きな服は…」、ですね。

風恋さん、こんにちは♪

黄色い花びらが寄り添って咲いてる、女郎花は「美しい女性」
それだけではなく、”えし”は古語の「へし圧」で
美少女を圧倒する美しさでこの名が付けられたのですね。

女郎花を見ると、秋を感じますね暦の上では昨日「立秋」秋ですものね(A;´・ω・)アセアセ
までまだ、猛暑は続きますね、今年は秋の七草のお花が咲くのが早いですね。

秋の七草.女郎花ススキ萩葛 桔梗フジバカマ撫子
風恋さんのブログで、黄色く綺麗な女郎花を見て涼しさを感じられましたconfident

☆ mikko さんへ♪
 秋の花々は秋の来るのを待ち切れず、暑い
 夏のうちから咲き始めるようです。
 里山の縁を通るとススキやハギの花が風に
 揺られていました。
 オミナエシは、美しい女性をしのぐ美しさが
 あるということで名づけられたのだそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一日花 | トップページ | 優雅な彩り »