« 畔の花 | トップページ | ユリの女王 »

2017年7月25日 (火)

秋の足音

39ominaishi

40ominaishi

輝くような小花をたくさんつけて、風に揺れるようになりました。
秋の七草にも数えられているオミナエシ(女郎花)の花です。
この花を目にすると、まだ夏…というのに秋の足音が聞こえてくる
ような気がします。
この黄色い花が「粟ご飯」を連想させ、これを「女飯(おみなめし)」と
言った時代があったそうです。
このことに因んで、オミナエシと名づけられたのだそうです。

« 畔の花 | トップページ | ユリの女王 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
オミナエシ 馴染み深い花です
最近見ることが少なくなり、たまに畑で
育ててるのを見るくらいかな。。美しい花ですよね

☆ igagurikun さんへ♪
 このオミナエシやキキョウを里山で出合った
 ことがあましたが、最近では見かけなくなり
 ましたね。
 黄色い小花が寄り集まって輝いていました。

☆彡 風恋さん☆彡
ええ~もう女郎花が咲いたんですか。
秋の七草もみんな咲いちゃうんですかね。
これから夏本番と言うときに秋が確実に近づいているんですね。

☆ 異邦人さんへ♪
 自然の中で咲く花はいつも季節を先取り
 するようですね…
 キキョウもナデシコも、そしてクズの花も
 咲いています。
 里山の側を通ると、秋の気配を感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 畔の花 | トップページ | ユリの女王 »