« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月30日 (水)

慎ましやか

85seioubo

86seioubo

控えめに花びらを開き、とても慎ましやかな花です。
色合いも優しく、目にするたびに癒されています。
茶花としても珍重される西王母という椿です。
今年はたくさん蕾がつき、これからも楽しみです。
「西王母」とは中国の神話に登場する仙女なそうで
絶世の美女という話になっているようです。

2019年10月26日 (土)

輝くシベ

83mayuhakeomoto

84mayuhakeomoto

光の中で黄色いシベが輝いています。
繊細な花模様を描くマユハケオモト(眉刷毛万年青)です。
花の部分が5、6cmほどもあり、とても存在感があります。
数年前に親戚のところから来たものですが、嬉しいことに
今年も3個咲いてくれました。
花姿が眉刷毛のようで、葉っぱが万年青に似ていること
から、マユハケオモトと名付けられたのだそうです。

2019年10月20日 (日)

鮮やかなブルー

81rindou

82rindou

日を浴びて、おもむろに花びらを開いたリンドウです。
色鮮やかなブルーには目が覚めるような思いがします。
庭隅で数年前から咲くようになったのですが、植えた
記憶はないので小鳥でも運んで来てくれたのでしょう。
大事に育てていきたいと思っている花です。

2019年10月16日 (水)

躍動感ある…

79daimonjisou

80daimonjisou

朝夕は肌寒さを感じるようになりました。
庭先ではダイモンジソウ(大文字草)が咲き出しました。
白い花に続いて、ピンクや変わり咲きの花などが咲き
競っています。
小柄ながら躍動感に満ちあふれているように見えます。
この花模様を目にすると、子どもたちの歓声がどこから
ともなく聞こえて来るような気がするのです。

2019年10月11日 (金)

鮮やかな黄色

77hototogisu

78hototogisu

鮮やかな黄色には目が奪われそうです。
キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)が
咲き始めました。
2つ、3つと連なって、風に揺れています。
下からのぞくと赤紫の斑点がいっぱいついて
いて、ホトトギスの特徴を表していました。
紀伊地方に自生しているそうで、その情景を
ぜひ見てみたいものです。

2019年10月 6日 (日)

繊細な花模様

75tamurasou

76tamurasou

紫色のシベが繊細な花模様を描いています。
アザミの仲間ですが、タムラソウと呼ばれて
ノアザミのように葉にはトゲトゲがなく、花の
下の丸い部分もベタつかないのが特徴です。
茶花にも用いられ、しばらく前にお茶の先生
から一株をいただき育ててきたものです。

2019年10月 2日 (水)

幸せ気分

73kinmokusei

74kinmokusei

朝起きて窓を開けたら、甘酸っぱい香りが流れてきました。
この甘い匂いを胸いっぱい吸い込んだとき、幸せな一日が
約束されたような気がしました。
キンモクセイの花が朝日を浴びて、黄金色に輝いていました。
小さな花のどこに、匂いの秘密が隠されているのでしょうか…

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »