« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

雛飾り

41hinadan

42kyohobina

桃の節句を迎え、雛祭りが行われています。
近くの酒蔵で雛飾りが展示されていると聞き
訪ねてみました。
たくさんの雛人形が飾られていて、たいへん
華やいだ空気に包まれていました。
その中で特に目に惹いたのは享保雛でした。
大型の雛で、豪華な衣装と面長の顔、切れ
長の目をしていました。
この雛段の前で、長い年月に渡って子どもの
健やかな成長と幸せを祈り続けた情景が目に
浮かびました。

2020年2月22日 (土)

輝く綿毛

39nekoyanagi

40nekoyanagi

アカメヤナギの花芽です。
銀色のネコヤナギと違って、花芽が赤く染まっています。
仕事帰りに立ち寄った産直市場で出合ったものです。
きれいな色なので、連れ帰って玄関先に飾りました。
輝くような綿毛にはすりすりしたい衝動に駆られます。

2020年2月18日 (火)

かわいらしい

37hotokenoza

38hotokenoza

道ばた脇の畑でピンク色の小花に出合いました。
近づいてみると、茎の周りについた葉っぱの上で
幾つかの花が仲良く咲いていました。
花たちはそれぞれ首を持ち上げて、かわいらしい
笑顔を振りまいていました。
ホトケノザという花でした。
葉っぱが仏像が乗る蓮華座に似ているので、この
名前になったのだそうです。

2020年2月14日 (金)

雪の精

35snowdrop

36snowdrop

真っ白い花がうつむき加減に咲いています。
なんて控えめな花姿でしょう…
雪の精とも言われるスノウドロップの花です。
今年は暖かく雪もあまり見られませんでした。
ここで雪の精…、儚く消えてしまわないかと
ちょっと心配になりました。

2020年2月 9日 (日)

甘い香り

33hyacinthus

34hyacinthus

花びらが厚くて見ごたえがあり、存在感に満ちています。
たくさん寄り添った花模様には豪華ささえ感じられます。
水栽培をしていたヒヤシンスが満開になりました。
これに続いて、黄色やピンクの花も咲き出しました。
甘い香りが漂い、心の底から癒される思いをしています。

2020年2月 6日 (木)

春の兆し

31fukujusou

32fukujusou

風の丘にもようやく春の兆しが見えてきました。
残雪を横目にして福寿草が咲き出そうとしています。
大きく花びらを広げた方はまぶし気に微笑んでいます。
黄金色に輝く花を見ると、背中を押してもらえそうです。

2020年2月 2日 (日)

春への憧れ

29yukiwarisou

30yukiwarisou

窓辺で咲き出した雪割草です。
雪解けを待って咲くので与えられた名前なそうです。
この響きのよい名前に惹かれて育ててきました。
可憐な花姿にはいつも癒される思いがします。
雪国の当地では春への憧れがいっそう強いのです。
その息吹に一日も早く触れたくて室内に取りこんで
おきました。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »