« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月27日 (土)

涼し気な名前

03yukinoshita

04yukinoshita

目の前の紫陽花や百合などに
目を奪われがちですが、足元
では小さな花がひっそりと咲き
競っていました。
大の文字をしたユキノシタです。
3枚の短い花びらにはピンクの
斑点があり長いシベが躍って
いました。
かわいい姿と涼し気な名前に
心がほっと和みました。

2020年6月25日 (木)

まつ毛のよう

01shimotsuki

02shimotsuki

赤い花が群がって咲いています。
繊細なシベがたくさん伸びていて
見惚れてしまいます。
まるで美人さんのまつ毛のよう…
シモツケという花でキョウカノコと
同じ仲間です。
下野(しもつけ)の国、栃木県で
初めて見つかったので、付いた
名前なそうです。

2020年6月20日 (土)

いちごみるく

97ichigomilk

98ichigomilk

かき氷でも食べたいような日が
続いています。
それに合わせるように、「いちご
みるく」が咲き出しました。
今年はたくさん花が咲いてくれ、
よろこんでいます。
かわいい花姿とすぐ口にしたく
なる名前に魅せられています。

2020年6月16日 (火)

星屑のよう

95shichidanka

96shichidanka

寝静まったころ、遥かな夜空から
舞い降りた星屑でしょうか…
星形の可愛い花がいっぱいです。
爽やかな花色に心が静まります。
紫陽花の仲間、シチダンカです。
両性花が消え、装飾花が目だち
ます。

2020年6月13日 (土)

美しい名前

93kiokanoko

94kiokanoko

ピンクの小花が群がるようにして
咲いています。
遠目にはぼうっとした花姿ですが
顔を寄せてみるときれいな小花
たちが微笑んでいました。
キョウカノコ(京鹿子)いう花です。
「京鹿子」とは京都で染められた
「鹿の子絞り」のことで、名前は
これに由来するそうです。
美しい名前をもらい幸せですね。

2020年6月11日 (木)

涼し気

91natsushumeigiku

92natsushumeigiku

この暑さの中、長い花茎を伸ばし
白い花が涼し気に咲いています。
ナツシュウメイギクです。
シュウメイギク(秋明菊)と言えば
秋を告げる花のイメージが強い
ですが、この花は初夏から咲き
出します。
花びらに見えるのはガクです。
黄色いシベには魅せられます。

2020年6月 7日 (日)

優しい色合い

89amacha

90amacha

優しく奥ゆかしい色合いです。
アマチャが見ごろを迎えました。
ヤマアジサイの仲間なそうで、
控えめな花模様には惹きつけ
られるものがあります。
若葉を乾燥させたものを煎じて
飲むと甘味があるそうです。
花祭りの茶はこれなそうです。
残念ながら試していません。

2020年6月 4日 (木)

真っ赤な花

87tsukinukinindou

88tsukinukinindou

目にも鮮やかな真っ赤な花です。
蔦の先々に、筒型のかわいい花が
首を寄せ合って咲いています。
胸が躍るような花模様を描いている
ツキヌキニンドウです。
暑さが増す中、元気がもらえます。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »