カテゴリー「花」の1240件の投稿

2017年3月29日 (水)

華麗な彩り

65shunran

66shunran

早春を彩る花が次々と咲き出してきました。
露地植えに先駆けて咲き出した鉢植えのシュンラン(春蘭)です。
7、8年ほど前、華麗な彩りに魅せられて園芸店から連れ帰ったものです。
昨年植替えてあげたら、花茎を2本立ち上げ、4個の花をつけてくれました。
「桃園」という愛称の通り、桃花が咲き誇るような情景を繰り広げています。

2017年3月26日 (日)

優 美

63shoujiobakama

64shoujiobakama

薄紫色の花がロゼット状の葉っぱの上で咲いていました。
花には紫色のシベがあり、心地よいアクセントになっています。
紫でまとまった配色は、とても優美に感じられました。
幾つかの花が寄りそって、春の訪れを称え合っているようでした。
早春の山地を彩るショウジョウバカマ(猩々袴)です。
聞き慣れない名ですが、花を猩々の赤い顔に、葉を袴に見立てて
名づけられたのだそうです。

2017年3月23日 (木)

早春の野草

61serebaohren

62serebaohren

小さな白い花が寄り添うようにして咲き出しました。
顔を寄せてみると線香花火を散らしたような繊細な花です。
春の到来を待ちかねていたセリバオウレンです。
葉の形がセリに似ているオウレンということで、こう名づけられたようです。
胃腸薬として用いられる薬草なそうですが、まだ試したことはありません。

2017年3月19日 (日)

雪の中で

59yukinosita

60yukinosita

この間まで雪の下だったのですが、急に雪解けが進んで顔を出しました。
ピンク色の花びらを大きく広げ、春の訪れをとても喜んでいるようです。
緑色のシベに紫の葯がすてきなコントラストを描くヒマラヤユキノシタです。
この美しく可憐な花姿にはたいへん愛しさを感じてしまいます。
そして、冷たい雪の中で蕾を準備していたのかと思うと胸が熱くなります。

2017年3月15日 (水)

春の色

57ohbai

58ohbai

黄色い小花が顔を寄せ合うようにして咲いています。
どれもパッと開いて、たいへん陽気に見えます。
本格的な春の訪れを喜んでいるオウバイ(黄梅)です。
「黄梅」と書きますが、ウメではなくジャスミンの仲間なそうです。
この優しい黄色は春にいちばん似合うような気がします。

2017年3月12日 (日)

北国にも

55fukinotou

56fukinotou

庭の奥へ入ったら、緑の葉を大きく広げたものがありました。
雪のころに首を出していた、あのフキノトウが咲き出していたのです。
地味な花ですが、枯葉の中ではけっこう目に留まりました。
穏やかな陽ざしを浴びて、春の到来をたいへん喜んでいるようでした。

2017年3月 7日 (火)

幸せな気分

53hyacinth

54hyacinth

水栽培のヒヤシンスが咲き出し、良い香りを漂わせています。
いち早く春の香りに触れたくて、初冬の頃から育ててきたものです。
この香りに包まれるとウキウキしてきて、ちょっぴり幸せな気分になります。
ギリシャ神話の美少年「ヒュアキントス」に因んで名前がつけられたようです。
太陽神アポロンに愛されたヒュアキントス少年が頭に円盤が当たって死んだとき
血に染まった草の中から咲いた1本の花がヒヤシンスだったということです。
花言葉は「しとやかなかわいらしさ、初恋のひたむきさ」、麗しい花言葉ですね。

2017年3月 4日 (土)

希望の花

51crocus

52crocus

穏やかな陽ざしを浴びて、気持ちよさそうに花びらを広げていました。
このクロッカスが咲き出すと、北国にも待ちに待った春がやって来たようで
希望が大きくふくらみます。
白い花びらに包まれた黄色いシベはたいへん印象的で、まるでロウソクの
炎を連想させてくれます。
これから花壇を覗くのがいっそう楽しくなりそうです。

2017年2月25日 (土)

白い雪割草

45yukiwarisou

46yukiwarisou

窓辺ではちょっと遅れて、白い雪割草が咲き出しました。
紫のシベがちょっと彩りを添えただけの真っ白い花はたいへん清楚で
慎ましやかな印象を漂わせています。
真ん中の緑のシベの中にはガラスのような粒々があり、宝石のような
輝きを見せています。
本格的な春の訪れがとても待ち遠しいようです。

2017年2月20日 (月)

黒侘助

43tsubaki

44tsubaki

これも挿し木で育ててきたもので、お茶の先生とこからやって来た椿です。
花をつけるようになって3年目ですが、初めての花は黒侘助という名前の通り
えんじ色っぽい感じでした。
濃い彩りで半開きのかわいらしい花姿にすっかり魅せられていました。
でも、今年の花は普通の赤い椿になってしまい、ちょっと残念です。
本来の色に戻るよう、肥料の与え方などを工夫していきたいと思っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| | | | 趣味 | 音楽 |