カテゴリー「恵」の90件の投稿

2019年12月15日 (日)

彩り鮮やか

07yabukouji

08yabukouji

この赤い実は南天にも見えますが、地面
近くに実ったヤブコウジです。
冬枯れて淋しくなった庭先に彩りを添えて
存在感を放っています。
二つ仲良く吊り下がった姿はおいしそうな
サクランボにも見えますが、野鳥たちの
食べ物にしかならないようです。

2019年12月 1日 (日)

ジューシー

01nanten

02nanten

真っ赤に染まった南天の実です。
口に含んだらジューシーな果汁が広がりそうです。
早速、野鳥がやって来てついばみ始めました。
正月飾りにしたいので、これ以上食べないで…と
願っています。

2019年9月22日 (日)

秋のステージ

69tsuribana

70tsuribana

赤く色づいた果実が風に揺れるようになりました。
花が咲いたようにも見えるツリバナの果実です。
裂けた果実からは、鮮やかなオレンジ色の種が
覗いています。
初夏の頃に白い小さな花を咲かせていましたが
秋を迎えて、またすばらしいステージを用意して
くれました。

2019年7月 8日 (月)

異様な姿

37roubai

38roubai

庭先でちょっと異様とも映る果実に出合いました。
うっすらと色づき始めたところはかわいいのですが
その先から触手のようなものが出ているのです。
春先に透明な黄色い花をつけたロウバイの実です。
あのきれいな花から、このような実が生るなんて
ちょっと信じられない気持ちです。

2019年1月18日 (金)

彩り鮮やか

49yabukouji

50yabukouji

雪の中で、彩りがいっそう鮮やかに見えるヤブコウジです。
まるでパッと咲いた花のようにきれいです。
仲良くならんだ姿はサクランボのようで、たいへんおいしそうです。
食べてみたことがありますが、渋くて食べられるものではありませんでした(笑)
野鳥たちにとってはおいしいご馳走のようで、これも間もなく無くなってしまう
ことでしょう。

2019年1月 2日 (水)

新 年

39nanten

40nanten

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
風の丘は陽のある穏やかな年を迎えました。
平穏で幸せな一年になるよう祈りたいです。
雪を頂いた南天の実はいっそう鮮やかに見えました。
野鳥についばまれて見栄えがしないのが、ちょっと残念です。

2018年9月12日 (水)

花のよう…

77tsuribana

78tsuribana

初夏のころ、白い小花がたくさん吊り下がるようにして咲きました。
緑のまん丸い実が結び、朝夕いくらか涼しさが感じられるようになり
ほんのりと色づき始めました。ツリバナの実です。
早く赤くなった実が開き、中から朱色の種が見えるようになりました。
この熟れた実はおいしそうで、食べてみたい衝動に駆られます(笑)
赤と朱色の取り合わせは美しく、まるで花のように映ります。
風の丘はいよいよ秋の到来を感じるころとなりました。

2018年6月23日 (土)

宝石の輝き

33suguri

34suguri

真っ赤に熟れた果実が房状に生っています。
光を通して透けて見える果実はまるで宝石のようです。
おいしそうなので口に含んだら、酸っぱい果汁が口いっぱいに
広がり、予想外の味に顔がゆがみました(笑)
春に小さい緑色の花を咲かせていたフサスグリです。

2018年6月10日 (日)

ちょっと異様

26roubai

27roubai

あれれ…! これは何…?
あまりにも枝が伸びたので、切り落とさなければ…と思って見上げたら
こんなものが吊り下がっていました。
大人の親指よりも一回り大きなもので、先端からは触手のようなものが
覗いています。
ちょっと異様にも映りますが、陽の当たったところが赤く色づきはじめた
ロウバイの実でした。
早春に透明感のある黄色い花を咲かせていたロウバイに、こんな実が
なるとはびっくりしました。

2017年11月30日 (木)

鈴なりに

15benishitan

16benishitan

南天やピラカンサなどの赤い実が目を引くころとなりました。
これはベニシタン(紅紫檀)の実で、地面を這うようにして伸びた枝全体に
赤い実をたくさんつけたところです。
おいしそうなので口に含んでみましたが、渋くて食べられませんでした(笑)
中国が原産なそうで、初夏に薄ピンクの小さな花を咲かせていました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー